ポーカーの役の強さがわかる!対戦相手と役が同じ場合の、見るべきポイント

教えて!マーガレット

  • 役とは?何ソレ、食べ物?

  • ポーカーの「役」は「ハンド」ともいいます。同じ数字やスートをそろえるなど、決められたカードの組み合わせのこと。ワンペア、フルハウス、ロイヤルストレートフラッシュなどのことを指します。

  • 対戦相手と同じ役だった場合は、どっちが勝ち?

  • カードの数が高い方が勝ちです。役にも、カード自体にも、強弱があります。

  • 役が出る確率は?

  • テキサスホールデムポーカーの場合、確率が一番高いのはワンペアで、約43%です。けっこうでますね!役の中で最強のロイヤルストレートフラッシュは0.003%です。レアすぎる!!

はい、マーガレットです。

この記事ではポーカーの役と、強さのことについて書いていくね。なんでかっていうと、「役がそろってホクホクしていたら、対戦相手も役がそろっていた。どっちの役のほうが強かったっけ??」っていうシチュエーションがあるからです。そんでもって、自分と対戦相手の役が同じだってことも、これまたよくある話なんだよね。

その場合、どっちが勝ちになるのかちゃんと知っておかないとダメ!自分の役の強さや、その役の中での強さがわかっていないと、強気にベットするのか、弱気にベットするのか、判断がつかないもんね。戦略が立てられないってことになっちゃうの。

そういうわけで、そんな時にどうしたらいいのか、この記事でチェックしていってね!

ポーカーといっても、今、世界的にはテキサスホールデムという種類のポーカーがメジャーなの。世界大会もあるんだよ。もちろん、ベラジョンのライブカジノでもテキサスホールデムが遊べます。「テキサスホールデムなんて初耳!」っていう人は、テキサスホールデム(ポーカー)ガイド(リンク)の記事も読んでね!

ベラジョンでは、ライブでもビデオゲームでもポーカーがプレイできるよ!
マーガレットが劇推しするオンラインカジノ、ベラジョンの登録自体がまだですって人は、下記から登録してくれるとうれしいですっ!


ベラジョンボーナス$10プレゼント中!

ポーカーの役: 役の名前と強さの順番

ポーカーの基本的なルールは、相手よりも強い役ができたほうが勝ち。ということで、役のランクが高い方から順番にザーッと並べていくね。

超シンプルだけど、超重要!あとで細かく解説していきまーす!

ポーカーの役のランク

※高いランク方から順番に

  • ロイヤルストレートフラッシュ

  • ストレートフラッシュ

  • フォーカード(フォー・オブ・ア・カインド)

  • フルハウス

  • フラッシュ

  • ストレート

  • スリーカード(スリー・オブ・ア・カインド)

  • ツーペア

  • ワンペア

  • ハイカード

ポーカーの役/ カードのランク

ポーカーの役がそろわない時は、カードのランクでの勝負。対戦相手と同じ役の時も、カードのランクでの勝負。ってことで、カードのランクも超重要!

とはいっても、シンプルに数字の順番だよ。ポイントはAの立ち位置くらいなんだけども、一応押さえておきましょ!ここでも、カードのランクが高い方から順番にザーッと並べていくね。

ちなみに、スート(トランプの記号)はカードのランクには全く関係ないです。スペードって強そうに見えるけどね…関係ないです。

ポーカーのカードのランク

【強】

1(A)

13(K)

12(Q)

11(J)

10

9

8

7

6

5

4

3

2

【弱】

ポーカーの役:ポーカー用語

ここでは、テキサスホールデムポーカーの、用語の説明をしておくね。この用語を頭に入れておくと、この後にあるポーカーの役の説明を読んだ時に、イメージしやすいはず!

●スート

スペード・クラブ・ハート・ダイヤの記号

●ホールカード

自分の手元にある2枚のカード

●コミュニティカード

対戦相手と共通して使う5枚のカード

●ハイカード

手持ちのカードの中で、一番ランクが高いカードのこと

●キッカー

役を構成するカード以外の手札のこと

例)

ホールカード 7・9

コミュニティーカード A・9・3・K・5

コミュニティーカードも含めて、一番強いカードが手札になるので、

「9・9・A・K・7」が自分の手札になるよ。

つまり、「9・9」がワンペアの役で、「A・K・7」がキッカーになります。

ポーカーで勝敗を決める時には、このキッカーのランクで勝負になることがよくあるよ。

ポーカーの役:役についての詳細

ここでは、ポーカーの役についてくわしく説明していくね。対戦相手と同じ役になる可能性がある場合、勝敗の決め方も参考にしてね。役の発生確率ものっけておきまーす!

ロイヤルストレートフラッシュ (0.003%)

「A・K・Q・J・10」の数字を、同じスートでそろえたポーカーで最強の役。現世でお目にかかりたいね!

ストレートフラッシュ (0.031%)

ストレート&フラッシュの役。連続する5つの数字でスートも全部一緒のカードの組み合わせのこと。ストレートの時もそうだけど、AはKと2を同時に繋げないので「J・Q・K・A・2」という並び順は成立しないことに注意してね。

Aは2の前にくっつけることはできるので、「A・2・3・4・5」なら大丈夫。Kの後にくっつけたらロイヤルストレートフラッシュになっちゃうのでここではナシ。

フォーカード(フォー・オブ・ア・カインド) (0.168%)

数字が同じカードが4枚そろった役。対戦相手と同じ役だった場合は、役のカードの数が大きい方が勝ち。

フルハウス (2.6%)

ワンペア+スリーカードの役。つまり、数字が同じカード2枚、それとは違う数字が同じカード3枚でできる役。対戦相手と同じ役だった場合は、スリーカードの数の大きいほうが勝ち。スリーカードの数クが同じ場合はワンペアのランクで決める。

フラッシュ (3.03%)

同じスートですべてそろった役。対戦相手と同じ役だった場合は、より数の大きいカードを持っている方が勝ち。

フラッシュよりもストレートの方がランクが上な気がししない?スートをそろえる方が簡単そうなイメージがあるよね。ところがどっこい、発生確率でもわかるように、フラッシュの方がランク上なの。ここ、間違えやすいので注意ね。

ストレート (4.62%)

数字が5枚連続している役。スートはバラバラでもOK。ストレートフラッシュと同じで「J・Q・K・A・2」は連続していることにならないので注意。「10・J・Q・K・A」「A・2・3・4・5」なら大丈夫。対戦相手と同じ役だった場合、より高いランクのカードを持っている方の勝ち。

スリーカード(スリー・オブ・ア・カインド)(4.83%)

3枚同じ数字がそろった役。対戦相手も同じ役だった場合は、数の大きいカードで役をそろえた方が勝ち。それも同じ場合は、キッカーのランクで勝負

ツーペア (23.5%)

ワンペア×2の役。つまり、数字が同じ2枚のカードが2組あること。対戦相手と同じ役だった場合、より数の大きいペアを持っている方が勝ち。同じランクの場合は2組目のペアで比較します。それも同じだった場合は、残り1枚のキッカーのランクで勝負。

ワンペア (43.8%)

同じ数字2枚でできた役。対戦相手と同じ役だった場合は、ワンペアの数字で決める。それも同じだった場合は、残り3枚の中からキッカーの数で勝負。

下記のワンペアの場合、一見すると勝ちのように見えるのだけど、引き分けなの。なんでかわかる?

自分のホールカード:K・7

対戦相手のホールカード:K・4

場のカード:J・K・Q・10・8

ワンペアのカード以外で、自分のホールカードも相手のホールカードも弱い場合、3枚のキッカーがすべてコミュニティカードとなるので引き分けになっちゃうの。ぬか喜び注意!

自分の手札:エースのワンペア(K・K・Q・J・10)

対戦相手の手札:エースのワンペア(K・K・Q・J・10)

ノーペア(ハイカード) (17.41%)

役が何も成立しなかった場合は、ハイカードでの勝負となる。

自分のホールカードも相手のホールカードも数が低い場合は、コミュニティーカード5枚が、自分と相手の手札となる。その場合は引き分け。

ポーカーの役と強さの説明は以上ですー!

そんなに難しくはないでしょ?間違えやすいポイントだけ気をつけて、しっかり頭に入れておいてね!

ポーカーなどのテーブルゲームをするなら、マーガレットはやっぱり、ライブカジノが一番おススメ。ベラジョンの「カジノ・ホールデム・ライブ(パリ)」ってやつをよくやっているよ。ビデオゲームなら「テキサス・ホールデム」ってゲームです。

テキサスホールデムポーカーの役の確率については、テキサスホールデムの役の確率を解説したのページにまとめているよ。

まだテキサスホールデムポーカーで遊んだことがない人は、よかったらチェックしてみてね!

最後まで読んでくれてありがとうね。以上、マーガレットでした!


ベラジョンボーナス$10プレゼント中!