[ブラックジャック基本情報]

  • ゲーム名:ブラックジャック、BJ、21

  • 最低ベット額: $0.1~$3000

  • 最高ベット額: $100~$10000

  • ライブゲーム(ディーラー所属):あり

  • ノンライブカジノ(ディーラー無し):あり

  • サイドベット機能:あり ※ゲームによっては、ない場合もあります。

Blackjack(ブラックジャック:略してBJ、あるいは、「21」とも呼ばれています。)は、世界中のカジノゲームの中でも一番プレイされている大人気ゲームでもあり、オンラインカジノでも定番中の定番カードゲームとして有名です!

ブラックジャックの人気に火が付き始めたのは、第一次世界大戦ころ(20世紀初頭)からのようですが、実際にブラックジャックは18世紀の中頃、フランスで ”Vingt-et-Un”(フランス語で21という意味)の名前でプレイされ始めたみたいで、かなり歴史の長いカードゲームでもあるんですね。

[ブラックジャック基本ルール]

ブラックジャックゲームの基本ルールは、非常に簡単で、単純に自分(プレイヤー)のハンド(手札)の合計値が21を超えることなく、「21」(ブラックジャック)か、21により近いハンドを作り、ディーラーに勝利することです!

このように、ブラックジャックのルール自体はかなりシンプルですが、ディーラーとの駆け引きなどの心理戦や、配られるカードのパターンを読んで逆算するなどの数学的な勝敗要素がたくさん含まれています。

なので、各ラウンドで様々なストラテジー(戦略)を使えるため、ブラックジャックは、奥深いゲーム性を備えた、かなり遊びかいのあるカジノゲームなんです!

もちろん、ベラジョンオンラインカジノでも大人気のブラックジャック! そんなブラックジャックのルールの詳細、プレイ方法、さらには、詳しい必勝・攻略法まで、しっかりガイドします!

[ブラックジャック カードの数え方]

まずは、ブラックジャックプレイ方法の基本中の基本でもある、カードの数え方のガイドです!

– ナンバーカード(2 – 10):額面通りカウント
– キング(K)、クイーン(Q)、ジャック(J):「10」でカウント
– エース(A):「1」または「11」でカウント

[ブラックジャック 基本用語リスト]

ブラックジャックゲームをプレイするにあたって、「これだけは押さえておきたい!」の用語をピックアップしてみました!

Natural Blackjack(ナチュラルブラックジャック)
2枚のカードのみで合計値が21

Blackjack(ブラックジャック)
2枚以上のカードで合計値が21

Hit(ヒット)
カードをもう1枚ドロー(引く)

Stand(スタンド)
これ以上カードをドローしない

Double Down(ダブルダウン)
ベット額を2倍にアップ
※ダブルダウン後、カードは1枚しか引けないので注意

Push (プッシュ)
プレイヤー、ディーラー、双方のハンドの合計値が一緒
※プッシュの場合、ベット額が全額返金されます。

Bust(バスト)
ハンドのカード合計値が21を超えること

Split(スプリット)
最初の2枚のカードの額面が同じ(エースを含む)場合は、カードを1枚づづ分けた、別々の2つのハンドを作り、プレイ可能。
※この場合、ナチュラルブラックジャックで勝利しても、配当は1:1 で、もしディーラーのハンドが普通のブラックジャックだった場合も負けになります。

Soft Hand(ソフトハンド)
エースを「11」でカウントして作ったハンド

Hard Hand(ハードハンド)
エースを「1」でカウントして作ったハンド

Insurance(インシュアランス)
ディーラーがブラックジャックを持っている場合を考えて掛ける保険。ディーラーの最初のアップカードがエースの場合のみ適用。メインベットとは別途でカウントされ、メインベット額の1/2が適用されます。自分(プレイヤー)のハンドもディーラーのもブラックジャックがあった場合、全ベット額が返金されます。(ディーラーのハンドがブラックジャックじゃない場合、インシュアランスに賭けたベット額は返金されません。)

[ブラックジャック ペイアウト(配当)]

ブラックジャックでのペイアウトは以下のようになります。

  • ナチュラルブラックジャックで勝利 = 3:2

  • ナチュラルブラックジャック以外で勝利 = 1:1

  • インシュアランスの支払い = 2:1

[ブラックジャック ルール詳細 &ゲームの流れ]

ブラックジャックは、大抵4 – 8組の52枚のスタンダードデッキをシャッフルしてプレイされます。

1.まずは、ベッティングから始まります。

2.プレイヤーとディーラーの両方に、2枚づづのカードが配られます。
※カードは、プレイヤーには、2枚ともフェイスアップ(額面が見える)、ディーラーには、最初の1枚フェイスアップ、2枚目はフェイスダウン(額面が見えない)で配られます。

3.プレイヤーが、「ヒット」あるいは、「スタンド」を選択。

4.プレイヤーがスタンドした時点で、ディーラーがフェイスダウンのカードをオープン。

[ヒットする場合のルール]

ディーラーの場合

・ハンドの合計値が「17未満」の場合、「17以上」になるまでヒット

・「17以上」の場合は、その時点でスタンド

プレイヤーの場合

5.ハンドの合計値が「21」(ブラックジャック)になるか、より「21に近い」方の勝利!

[ブラックジャックジャック 必勝・攻略法]

プレイヤーの皆様にオンラインカジノで、ブラックジャックをさらに楽しく、エキサイティングにプレイしていただくガイドをするため、名付けて「ブラックジャック必勝・攻略法」を大公開します!
※ブラックジャック必勝・攻略法は、毎回100%勝利できることを保証している訳ではありません。あくまでも、オンラインカジノで、ブラックジャックをさらに楽しんでプレイしていただくための目的用に、ご使用ください。

[必勝・攻略法(基礎編)]

まずは、ブラックジャック初心者の方々メインの基礎戦略をご紹介します!

・プレイヤー(自分)のハンドの合計値が17以上」の場合:スタンド
・プレイヤー(自分)のハンドの合計値が17以下」の場合:ヒット

[必勝・攻略法(応用編)]

ここからは、ブラックジャック経験者および、ベテランプレイヤーメインの応用戦略、別名Basic Strategy(ベーシックストラテジー)をご紹介します!

スプリットの戦略

・エースのペア 
-「エース」(A)は毎度スプリット

10の額面カードぺア(10JQK
-「10」の額面カードは、毎度スプリットしない

9 のぺア
-「9」は、ディーラーのファイスアップカードが「2 – 9」(「7」を除く)の場合、スプリットする。
-上記以外は、「スタンド」

8のペア
-「8」は、毎度スプリット

7 のペア
-「7」は、ディーラーのファイスアップカードが「2 – 7」の場合、スプリット
-上記以外は、「ヒット」

6 のペア
– 「6」は、ディーラーのファイスアップカードが「2 – 7」の場合、スプリット
– 上記以外は、「ヒット」

5 のペア
– 「5」は、ディーラーのファイスアップカードが「2 – 9」の場合、ダブルダウン
– 上記以外は、「ヒット」

4のペア
-「4」は、ディーラーのファイスアップカードが「5、6」の場合のみ、スプリット
-上記以外は、「ヒット」

3 のペア
-「3」は、ディーラーのファイスアップカードが「2 – 7」の場合、スプリット
-上記以外は、「ヒット」

2 のペア
-「2」は、ディーラーのファイスアップカードが「2 – 7」の場合、スプリット
-上記以外は、「ヒット」

ソフトトータル戦略(最初の2枚のカードに「エース(A)」がありエースを「11」でカウントしている場合)

ハンドの合計値が…

20A + 9)の場合
‐毎度スタンド

19A + 8)の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「6」の場合のみ、ダブルダウン
– 上記以外は、スタンド

18A + 7)の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「2 –  6」の場合、ダブルダウン
–  ディーラーのファイスアップカードが「9 –  A」の場合、ヒット
– 上記以外は、スタンド

17A + 6)の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「3 –  6」の場合、ダブルダウン
– 上記以外は、「ヒット」

16A + 5)の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「4 –  6」の場合、ダブルダウン
– 上記以外は、「ヒット」

15A + 4)の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「4 –  6」の場合、ダブルダウン
– 上記以外は、「ヒット」

14A + 3)の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「5、 6」の場合のみ、ダブルダウン
– 上記以外は、「ヒット」

・13(A + 2)の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「5、 6」の場合のみ、ダブルダウン
– 上記以外は、「ヒット」

ハードトータル戦略(最初の2枚のカードに「エース(A)」なし、あるいは、エースを「1」でカウントしている場合)

ハンドの合計値が…
・「17以上」の場合
‐毎回、スタンド

・「16」の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「2 –  6」の場合、スタンド
– 上記以外は、ヒット

・「15」の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「2 –  6」の場合、スタンド
– 上記以外は、ヒット

・「14」の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「2 –  6」の場合、スタンド
– 上記以外は、ヒット

・「13」の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「2 –  6」の場合、スタンド
– 上記以外は、ヒット

・「12」の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「4 –  6」の場合、スタンド
– 上記以外は、ヒット

・「11」の場合
‐毎回、ダブルダウン

・「10」の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「2 –  9」の場合、ダブルダウン
– 上記以外は、ヒット

・「9」の場合
–  ディーラーのファイスアップカードが「3 –  6」の場合、ダブルダウン
– 上記以外は、ヒット

・「8」の場合
‐毎回、ヒット